マリーンプロダクトTOP

水中写真教室

撮影テクニック

technic

2021/08/24

イソギンチャクモエビを撮ろう!!

比較的撮りやすいマクロ被写体である『イソギンチャクモエビ』の撮影方法の一例をご紹介します。

イソギンチャクモエビを撮ろう!!

カメラカメラ OLYMPUS TG-6
レンズレンズ 本体レンズ18mm(ズームテレ端)
ライトライト WF RINGLIGHT1000
フラッシュ補正フラッシュ補正 発光禁止
撮影モード撮影モード 水中顕微鏡モード
F(絞り値)F(絞り値) 4.9
シャッター速度シャッター速度 1/200
露出補正露出補正 0.0
ISO(ISO感度)ISO(ISO感度) 200
撮影地撮影地 トウマ

構図の決定

イソギンチャクモエビを見つけたら、まずはどのくらいカメラを近づけて大きく撮れるかの確認をします。
今回、リングライトをカメラの前面に装着しての撮影なので、レンズ面から約5cm先までしか接近できないために、画面いっぱいの大きさにするのは難しく、構図の半分くらいの大きさになることがわかりました。
そこで、構図の残りの半分をどう整えるかを考えたところ、カメラを水底に近い位置で撮影すると、背景に青い海の部分を入れることが出来ることが分かりました。
主役のイソギンチャクモエビを構図の右端から3分の1のところに配置して『3分割構図』とし、左半分のネガティブスペースに海が入るようにしました。
ピント合わせはフォーカスロックを使ってもいいですが、TG-6はAFターゲットを指定することが出来るので、イソギンチャクモエビの眼の位置に指定して撮影しました。

露出補正の決定

イソギンチャクモエビを見つけたら、まずはどのくらいカメラを近づけて大きく撮れるかの確認をします。
今回、リングライトをカメラの前面に装着しての撮影なので、レンズ面から約5cm先までしか接近できないために、画面いっぱいの大きさにするのは難しく、構図の半分くらいの大きさになることがわかりました。
そこで、構図の残りの半分をどう整えるかを考えたところ、カメラを水底に近い位置で撮影すると、背景に青い海の部分を入れることが出来ることが分かりました。
主役のイソギンチャクモエビを構図の右端から3分の1のところに配置して『3分割構図』とし、左半分のネガティブスペースに海が入るようにしました。
ピント合わせはフォーカスロックを使ってもいいですが、TG-6はAFターゲットを指定することが出来るので、イソギンチャクモエビの眼の位置に指定して撮影しました。

ライト光量調整

的な考え方として、ライト撮影の場合は最大光量での撮影から始めることをお勧めします。
理由は、光量不足になるとシャッター速度が低下して被写体ブレを起こしたり、ISO感度がオート設定の場合にISO感度が上昇して画質低下を招くことがあるからです。
露出がオーバー気味な時は、まずは露出補正でコントロールできるか確認し、それでも明るければ一段階光量を落とすという手順でライト光量を調整していきます。

以上、イソギンチャクモエビの撮影方法の一例をご紹介いたしました。

ワンポイントアドバイスワンポイントアドバイス

マクロ撮影においても背景はとても重要だと心得るべし。